進捗状況

【フリーBGM】「空ヲ飛ブ夢。」CD用の付属品制作中(2)

こんにちは!音口です。

アルバム「空ヲ飛ブ夢。」に付属予定の小冊子について制作状況をお伝えします。

構成やおおまかな内容についてはほぼほぼ決まり、現在詳細な内容を文章におこしているところです。
そのかたわら、冊子にするにあたり印刷時のことをいろいろ模索しているのですが、少々手こずってます(笑)

ウェブページやデータの印刷、コピー程度のことしかしたことがなく、冊子の印刷は初めてでして。
業者に依頼した場合予算オーバーになってしまうので、今回は自力で制作することにしたのですが「なるほど、だからみんなお金を積んででも業者さんに頼むのね」と頷くことばかりです(笑)

また自分の手で印刷物を作る機会がないとも限らないので、そのいつかのために読み返せるよう注意点をしたためておきます。
(ここに書き残したことさえ忘れそうな気がしてきた)

1. ページの順序
本格的な冊子にする場合は両面印刷ということになりますが、どのページが何枚目の表面の左右・裏面の左右のどこにこないといけないのかなど順序を気をつけないといけないこと。
これは実際に紙に完成イメージ図を描きおこしたときに初めて気づきました。

2. ページ数と紙の枚数
ページ数は紙の枚数(偶数)を考慮して考える必要があるということ(あえて空白のページを入れるなら問題ないです)

3. 印刷後の裁断 ※中綴じ(ステープラー)の場合
紙を全部重ねて真ん中で折りステープラーでとめるのですが、折り込んだあと開く部分が横から見たときに山型になってしまうんですね。
なのでその部分(小口というらしい)を裁断しそろえる必要があるということ(ヘアカットでいうところのぱっつんみたいな状態/例え)
ヘッダーや背景など絵や写真を入れる場合は余白いっぱいになるようにしなければならないこと(そうでないと端が見切れたようになって白く余白が残る)
また、印刷紙のサイズに対し冊子のサイズが異なる場合(例えば印刷紙はA4で冊子は正方形など)は余白部分も裁断しないといけないこと。
このときを想像すると一番怖いです。自分でやるとテンパって失敗しそう。

上記以外にも入稿データと印刷後とでサイズが違ったりだとか、ほかにも注意点がいろいろあるのですが、あれこれ考え過ぎてやる前から頭がパンクしそうです。
ひとまず内容がすべて完成したら、本番前に自宅のプリンターで練習しておこうと思います。はー怖い。

音口あいより