映画の感想

【映画の感想】インターステラー

こんにちは!音口です。

先日知人の勧めでインターステラーを拝見しました。
このところオフは制作に没頭していることが多くゆっくりと映画を見る時間がなかったのですが、たまには息抜きも必要だと思い見てみることに。
クリストファー・ノーランなのでそんな予感はしていましたが、息抜きにはなりませんでした(笑)

(こんな書き方するとクリストファー・ノーラン監督作品のファンなのかと思われそうなので誤解のないように申し上げますが、幼少のころから父の影響でバッドマンシリーズを見てきた&映画好きな母の影響でそれなりに映画を見ているので、必然的に監督の作品にも触れる機会があり、気づけば4~5本見ていたというだけでファンまではいきません多分。と謎の保険をかけておくスタイル)

※ここからネタバレ注意

インターステラーがわからないという方のために、以下、簡単な映画情報&ざっくりとあらすじ説明。

題名:インターステラー
監督:クリストファー・ノーラン
ジャンル:SF/アドベンチャー
公開:2014年

・舞台は地球と宇宙。
・地球は滅亡寸前で、作物もほとんど育たないほどの荒廃ぶり(小麦が育たないのでトウモロコシを育ててる)
・仕事や娯楽も絶え、日々生きながらえることに重きを置いている過酷な世界を想像していただければOK。
・主人公は元宇宙飛行士。とある事故が原因で現役引退し二人の子どもを抱えながらトウモロコシ農場を営んでいる。
・娘の部屋で起こる「謎の現象」がきっかけで、かつて勤めていたNASAにて人類救済計画(生命が生きられる星を探す任務)に加担することに。

以下、所感。

まず、初っ端から絶望感と息苦しさしかない。
地球に残ったとしてもあとがなく、行きつく星々も適応できない、しかも時間の経過が地球とは違う(ほかの星での1時間が地球での数年など)ため、各地の調査や探索の時間も十分に取れないほど常に逼迫した状況。
そして、ノーラン監督が狙ってそうしているのかはわかりませんが、宇宙空間や別次元ではどうなってしまうのかなど、誰しも一度は考えたであろうことを嫌というほど恐怖心に擦り込んでくる。
SFだし物理法則を無視したシチュエーションは全然あるのですが、そこはかとなく現実味があって、そこが怖い。
この感覚はもしかしたら伝わらないかもしれませんが、私にはただただ空恐ろしかったです。

(そしてクリストファー・ノーラン監督作品が好きな方はこういうところが良いんだろうなと勝手に持ってる)

以前話題を呼んだインセプションも人によっては憂鬱でトラウマになりかねないシーンはありましたが、個人的にはインターステラーのほうがトラウマ度高め。
そういったことで、すぐに2度目を見返す勇気が今のところないですが、もし次に見るときは精神がバリバリ元気なときでないと難しいかもしれない(笑)

全体を通して怖かったという感想が強く、作品としてのおもしろさを理解する境地までいけてないかもしれませんが、強いて挙げるとするならば、主人公たちが訪れる各星の特性がそれぞれとても印象的でした。
第一に向かう星が、広大な海だけの人や生命の気配がゼロという初っ端から絶望一色な星でして(笑)
もっと深さのある海かと思いきや飛空艇から降り立ってみると意外にもにも浅く、しかしそれは間もなく引力によって引き起こされた大津波の前触れである、という伏線にもなっていて。
最初にこんな星を持ってくるなんて、インパクトのデカい(津波の規模もデカい)ハプニングが物語序盤のセオリーだとわかってるんだけどずるい!と思いつつも引き潮に飲まれるようにずるずる作品に引き込まれてしまいました。
そのあとに訪れた星でも雲が氷のように砕けたりと、映画館で見たらもっと体感できただろうなと思うようなSFならではのワクワクするシーンもあって、映像としては非常に楽しめました。

ストーリーのキーとなる部分はタイムパラドックスものをよく見る人には割と先が想像できてしまうようなつくりだった(クライマックスで明かされる事実が序盤でおおむねわかってしまった)ので、それよりも個人的には映像としての楽しみが一番大きかったです。
ひとことで片づけてしまうのはもったいないですが、あえていうなれば「リアル・SF融合型宇宙旅行体験映画」と言ってもいいかもしれない。

あと、個人的には主人公がグッときた。
父親としては半人前(ただし愛情は深い)だけれど、宇宙飛行士としては非常に優秀であるというギャップをジョークを交えつつ自然な演技で表現されていて、人間味にすごく好感が持てました。

すごく偏った主観ではありますが、以上が音口の所感です。
では、また何か映画を見たときに感想が浮かべば書き綴りたいと思います。

音口あいより